• HOME
  • コラム
  • お墓はいらない?その理由と持たないリスク、墓じまいの選択肢・供養方法

お墓はいらない?その理由と持たないリスク、墓じまいの選択肢・供養方法

  • お墓
お墓 いらない

近年、「お墓はいらない」と考える人が増えています。

お墓の維持管理の難しさや金銭的な負担、後継ぎの問題など、多くの理由からお墓を持たない選択をする人々が増えているのです。

しかし、お墓を持たないことにはどんなリスクや問題があるのでしょうか?

また、お墓を持たない場合の供養方法や墓じまいの具体的な手順についても詳しく解説します。
あなたの家族にとって最適な選択を見つけるために、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

目次
お墓はいらない?その必要性とは
「お墓はいらない」の意見が多い訳(理由)
お墓を持つ・建てるメリットも大きい
お墓はいらないと判断するリスク・問題点
お墓はいらないけど骨はどうする?お勧めの供養方法

お墓はいらない?その必要性とは

富山県 墓地 必要性

現代社会において、お墓の必要性について考え直す動きが見られます。

伝統的な観点からは、お墓は先祖を敬い、故人を偲ぶための重要な場所とされていますが、ライフスタイルの変化や経済的な理由から、お墓を持たない選択をする人々が増えています。

ここでは、お墓の必要性について多角的に考察してみましょう。

お墓を持つ意味と役割

お墓とは、ご遺骨やご遺体を納める場所であり、古くから日本文化に根付いているものです。

平安時代には貴族の間で墓石を建てる習慣が始まり、江戸時代中期には庶民にも広まりました。

お墓は単なる遺骨を置く場所ではなく、故人を偲び、家族が心の整理をする場所です。
普段忘れがちな「生きること」や「死」と向き合う場として、精神的な安定をもたらします。

また、お墓や墓石は長く残るものであり、故人が生きていた証となります。

多くの日本人は、亡くなった後も魂が生き続けていると考えています。
お墓はその霊魂と向き合う場所であり、故人とのつながりを感じる重要な場です。

お墓は、先祖供養や年忌法要などを通じて、家族や地域社会の連帯感を強める場でもあります。
これにより、世代を超えた絆が形成され、継承されていきます。

お墓は、故人を偲び、先祖を敬い、家族の絆を強める重要な場所です。生と死を考える場として、これからもその価値は変わらないと考えられます。

お墓を持たない割合は意外と高い

2020年に実施されたインターネット調査(https://woman.mynavi.jp/article/220912-112/)では、自分のお墓については、「ある」と答えた人が42.3%、「ない」と答えた人が41.2%でした。
「ない」と回答した人の中で、お墓の購入を検討している人は5.8%にとどまり、生前にお墓を準備する意識は低いことがわかっています。

自宅で遺骨を保管しているかどうかの調査では、「保管していない」と回答した人が85.1%でした。
一方、「納骨する予定だが今は自宅で保管」が5.2%、「納骨する予定はなく、自宅で保管」が1.9%で、全体の7.1%が自宅に遺骨を保管しています。これを世帯に換算すると、15世帯に1世帯の割合です。

納骨しない理由は、「身近に感じていたい」「お墓がまだない」「時期がまだ」という回答がそれぞれ約1割。
特に理由はないが納骨していない人が2割いることもわかりました。

この調査は関西在住の40〜79歳までの男女を対象に行われたため、お墓への意識が高いとされる富山県・石川県・福井県では、もう少し低い数値が出ると予想されます。

しかし、いずれにせよお墓への意識は全国的に変化していると言えるでしょう。

富山県のお墓に関してはこちらの記事で解説しています。

お墓を持つことによるデメリット

お墓を持つことには現実的なデメリットもあります。
コスト面や維持管理の負担は無視できない課題です。

お金がかかる:墓を建てるには多額の費用がかかり、車を一台購入するほどの出費となります。高齢化社会において、老後の収入に対する不安があるため、墓に100万円以上を費やすことに躊躇するのも当然です。さらに、「永代使用料」として墓地を管理する寺院などに継続的に支払う固定費も発生します。

墓の維持管理が手間:墓地の草むしりなどの管理は大きな負担です。少子化の影響で、こうした作業を行う人が少なくなっています。さらに、現代では地元を離れて暮らす人が増えており、遠方に住む親族が墓の管理をするのは困難です。

生前から煩わしさを感じることも:墓の存在は、生前から煩わしさを感じる原因となることがあります。自分が亡くなった後に誰が墓を管理するのかという問題も発生し得ます。この問題は、親族間でのトラブルの原因にもなりかねません。

お墓の管理や費用の負担が大きいことが、現代のライフスタイルにそぐわないと感じる人が多いのです。

「お墓はいらない」の意見が多い訳(理由)

お墓 いらない 多い

現代において、お墓はいらないと考える人が増加している背景には、価値観の変化や未婚者の増加といった社会的な要因があります。
その理由について詳しく考察してみましょう。

お墓の維持管理が困難

お墓はいらないと考える人が増えている理由のひとつに、「墓地管理の負担」があります。
墓地の草むしりや清掃などは手間がかかり、少子化や核家族化が進む現代では、その作業をおこなう人が減少しています。

特に、遠方に住む親族が墓地の管理をするのは困難であり、時間や費用の負担が大きいと感じるのです。
このような理由から、墓地管理の負担が重荷となり、お墓を持たない選択をする人が増えています。

お墓の後継ぎが不在

現在「お墓は代々継承するもの」という考え方に変化が生じています。
なぜなら、少子化が進む現代では、跡継ぎがいない家庭や子どもを持たない家庭、遠方に住んでいてお墓の管理が現実的でないケースが増えているからです。

お墓を手放すつもりがなくても、跡継ぎがいなくなれば、いずれはお墓を維持することができなくなります。
自分たちが最後の継承者であるならば、いずれ墓じまいを検討しなければならない時が来るでしょう。

少子化や核家族化が進む中で、こうした問題がますます顕著になっています。
そのため、先祖代々のお墓を守るという伝統的な価値観に対する意識も変化してきています。

将来の管理が見込めないお墓を持つことに不安を感じる人が増え、墓じまいや代替の供養方法を選択する人も増加しています。

現代のライフスタイルに合わせた供養の選択が求められる時代となっているのです。

管理費等の金銭的な負担

お墓を新しく建てる際には、墓石の購入や設置費用だけでなく、維持費や管理費など多くの費用がかかります。
特に寺院や公営・私営の霊園にお墓を持つ場合、年間の管理費や墓石の修繕費も必要となり、これが大きな金銭的負担です。

また、多忙な生活や遠方に住んでいる場合、お墓参りを代行してもらうための費用も発生します。

これらの費用が積み重なることで、お墓を持つことに対する経済的な負担が大きくなり、お墓はいらないと考える人が増えているのです。

お墓に対する考え方の変化

現代のライフスタイルや社会的価値観によって、お墓に対する考え方も変化しています。

昔は一家の墓を守ることが重視されていましたが、現在では個人主義が強まり、各自の希望や価値観が尊重されるようになりました。

その結果、故人の遺志を尊重し、散骨や手元供養といった新しい供養方法を選ぶ人が増えています。

また、現代社会では、死後のあり方に対する価値観が変化してきています。
以前は墓を持つことが当たり前とされていましたが、今では環境問題や持続可能性の観点からも、お墓を持たない選択が注目されています。

自然に帰るという考え方から、自然葬や樹木葬を選ぶ人が増えている傾向です。

自然葬について気になる方は「自然葬とは?「自然に還りたい」という希望が叶う葬送方法について解説」にてご覧ください。

お墓を持つ・建てるメリットも大きい

富山県 お墓 職人

お墓をいらないと考える方が増えていますが、お墓を持つことにメリットがあることも事実です。
遺骨を適切に埋葬するための場所を確保するだけでなく、精神的な面でも重要な役割を果たしています。

ここでは、お墓を持つことの代表的なメリットについて詳しく見ていきましょう。

供養場所が決定している安心感がある

まず「お墓を持つ=供養場所が定まっている」ということです。

日本の法律では、遺骨をゴミのように廃棄することはできず、行政に認可された「墓地」に埋葬する必要があります。
散骨など他の方法を選ばない限り、お墓があることで埋葬場所を探す手間が省け、遺骨を安心して管理することができます。

また、お墓は、亡くなった先祖に思いを馳せ、供養するために必要な場所です。
お墓があることで、家族や親族は定期的に集まり、先祖を偲びながら供養することができます。

このような儀式や行事を通じて、先祖との精神的なつながりが深まり、家族全体の絆も強くなるでしょう。

遺族や先祖との繋がりを感じられる

お墓には先祖代々の遺骨が埋葬されており、その場所は家族の歴史と深く結びついています。
例えばお墓に刻まれた名前や碑文を通じて、私たちはかつてこの世界に生きた人々とのつながりを感じられます。

また、お墓参りをする際には、私たちは先祖や自分たちのルーツを感じることができます。
墓石に刻まれた先祖の名前を見るとき、私たちは自分が今ここに生きているのは、先祖や家族のおかげであると実感します。

このような経験を通じて、亡くなった先祖との精神的なつながりを深く感じることができるのです。
さらに、お墓参りは感謝の気持ちを育む機会でもあります。
お墓の前で手を合わせることで、「自分がこうして生きているのは先祖や家族のおかげ」という思いが自然と湧き上がり、感謝の気持ちが芽生えます。

この感謝の念は、家族や親族との絆を強化し、心の安定にもつながります。

お墓はいらないと判断するリスク・問題点

お墓 富山県 文字掘り

お墓を持たないという選択は、多くの人にとって新しい考え方ですが、この判断にはいくつかのリスクや問題点が伴います。

ここでは、その代表的な問題点について詳しく説明します。

家族・親族からの理解が得られない

多くの家庭では、家族のお墓を作ることが一般的です。

そのため、自分一人の判断でお墓を持たないと決めることは、親族との間に摩擦を生む可能性があります。
特に、先祖代々のお墓にこだわりを持つ親族がいる場合、その理解を得るのは難しいことも少なくありません。

お墓に関する考え方は、世代や個々の価値観によって大きく異なります。
自分が「お墓はいらない」と考えていても、親族の中には伝統を重んじてお墓を大切にしたいと考える人ももちろん存在します。

こうした価値観の違いから、家族間で意見が対立し、感情的な衝突が生じる可能性があることも、念頭に置いておきましょう。

参拝する場所がなくなる

日本では、遺骨を弔うことに大きな意味を見出す文化があります。
多くの人は、遺骨を守ることが供養になると考えており、お墓に埋葬して手を合わせてお参りすることを大切にしています。

しかし、お墓を持たない場合、遺骨は自宅で手元供養をするか、散骨するかの選択になります。
この場合、いつでも自由にお参りしたいと思ったときに参拝する場所がないという問題が生じてしまうのです。

お墓があることで、特定の場所に足を運び、故人を偲ぶ時間を持つことができます。
これは遺族にとって心の安定をもたらし、故人との精神的なつながりを保つ重要な機会となります。

お墓を持たない選択をすると、このような参拝の機会が減少し、故人を偲ぶ場所がないという喪失感を感じることがあるでしょう。

現在のお墓を撤去する手間・費用がかかる

お墓を持つ場合、管理する費用や手間が発生しますが、それはお墓がいらない場合も同様です。
なぜなら、現在あるお墓を撤去しなければいけないからです。

先祖代々のお墓が既に存在する場合、そのお墓をどうするかが大きな問題となります。

お墓を維持する予定の家族がいない場合、または管理する親族がいない場合には、お墓の今後を考えなければなりません。

このような状況では「墓じまい」という方法を検討する必要があります。

しかし、このプロセスは親族の理解を得ることから始まり、埋葬先を決めること、墓地の管理者への報告、閉眼供養など、多くの手続きが必要です。
これには時間、労力、そして費用がかかり、決して簡単なものではありません。
墓じまいについての詳しい解説は後の見出しでおこないます。

どこでも自由に供養できるわけではない

お墓を持たない選択肢として散骨を選ぶ人も増えていますが、散骨には法律や自治体の規則を守る必要があります。
どこでも自由に散骨できるわけではなく、自治体ごとに異なるルールが存在します。

他人の土地や観光地、生活用水を採取する河川や湖などでの散骨は法律で禁止されていることが多いため、注意が必要です。

事前に自分が散骨を行いたい場所の自治体の規則を確認し、適切な手続きを踏むことが重要です。
規則を無視して散骨を行うと、法的な問題を引き起こすだけでなく、地域社会とのトラブルにも発展する可能性があります。

お墓はいらないけど骨はどうする?お勧めの供養方法

お墓 富山県 樹木葬

近年、伝統的なお墓を持たないという選択をする人が増えています。
しかし、遺骨をどう供養するかは依然として重要な問題です。

ここでは、お墓を持たない場合のおすすめの供養方法を紹介します。

自然と共に眠る|樹木葬・散骨

樹木葬は、シンボルとなる木の周辺に遺骨を埋葬する方法です。
日本では1999年に岩手県の寺で初めて樹木葬が行われ、その後全国に広まりました。

樹木葬は石材で墓を作らないため、比較的安価な供養方法として注目されています。

樹木葬の魅力は、自然と一体になる供養方法であることです。
遺骨が自然に還ることで、故人が自然の一部となり、永遠に生き続けるという感覚を持つことができます。

また、手入れが簡単で、後継者の負担を減らすことができる点もメリットです。
都市部でも樹木葬を行うことができる場所が増えています。

樹木葬については「樹木葬とは?仕組みや特徴から墓地・埋葬方法の種類まで解説」にて詳しく解説しています。

散骨は、遺骨を粉末状にし、自然に還す方法です。
海や山など、故人が愛した場所で散骨することが一般的です。

ただし、散骨には法律や自治体の規則を守る必要があります。
例えば、他人の土地や公共の場所で散骨することは禁じられており、事前に適切な場所を選定し、許可を得ることが重要です。

散骨の利点は、自然に帰すことで故人を偲ぶことができる点です。
また、散骨後は特定の場所に参拝する必要がないため、遺族の負担が軽減されます。

遺骨を預ける|納骨堂

納骨堂は、建物の中に遺骨を納めるタイプのお墓です。
日本では明治時代中〜後期以降、都市部の庶民層に火葬が普及したことで広く利用されるようになりました。

当時は、身元が不明であったり、お墓をすぐに準備できない遺骨を一時的に納めるために使用されていました。

現代の納骨堂は、都市部の駅前などに立地していることが多く、公共交通機関を利用しやすいという大きなメリットがあります。
このため、一般の墓地よりもアクセスが良好で、参拝が容易です。
さらに、屋内にあるため天候に左右されず、いつでも快適に故人を偲ぶことができます。

納骨堂は、限られたスペースを有効に使うことができるため、都市部に住む人々にとって特に魅力的な供養方法となっています。
また、維持管理も比較的簡単で、後継者の負担を軽減することができます。

複数人の骨と一緒に|合祀墓

合祀墓は、複数の他人の遺骨と一緒に納骨するお墓です。
通常のお墓とは異なり、一族の遺骨だけでなく、他人の遺骨も同じお墓に納められます。
寺院や霊園、公営墓地などに設けられており、永代供養を行ってくれる場所が多いのが特徴です。

合祀墓の利点は、手間や費用をかけずに供養ができることです。
自分だけのお墓を用意する必要がないため、負担が軽減されます。

また、他の遺骨と一緒に納められることで、亡くなった人々との共同の場所で供養ができるという点も魅力です。
寺院や霊園が管理しているため、安心して遺骨を預けることができます。

自宅で保管する|手元供養

手元供養は、ご遺骨を納骨せずに自宅に置いて供養する方法です。
ご遺骨を粉骨し少量化し、小さな骨壷に入れたり、粉骨したものをアクセサリーに加工して身につけたりすることができます。

手元供養の利点は、ご遺骨を家族でわけることが容易になることです。
各々の自宅で思い思いの方法で供養することができます。
また、身近に置いておくことでいつでも故人を偲ぶことができます。

しかし、手元供養には注意点もあります。
自宅に置いておくことで、災害などでご遺骨が紛失する可能性があることや、管理している人が亡くなった際に引き取る人が必要となることなど、後々のことも考えておく必要があります。

手元供養は、個々の家庭の事情や信念に合わせた供養方法の一つです。

管理をお任せできる|永代供養墓

永代供養墓という選択肢もあります。
永代供養は、亡くなった方の家族がその代わりに宗教機関に管理や供養を委託する、共同の墓の形式です。

その名の通り、「永代にわたり供養される」と思いがちですが、実際には「長い年月」を意味します。
一般的には、お寺や霊園が遺骨の管理を行い、供養を続けてくれますが、一定の期限が設けられる場合もあります。

永代供養墓の利点は、お寺や霊園が遺族の代わりにお墓の管理をしてくれることです。
遺族が心配することなく、故人の供養を行うことができます。

しかし、留意すべき点もあります。
最終的には、血縁のない複数の人々と同じ場所に埋葬される可能性がある点です。
通常、多くの遺骨がカロートと呼ばれる区画に収められますが、一定期間が経過すると、異なる血縁の人々と一緒に埋葬されることがあります。

このようなケースでは、故人の遺骨が最初から他の人々と同じ場所に納められることもあります。
永代供養墓を選ぶ際には、このようなポイントを考慮する必要があります。
遺族や故人の意向に合った供養方法を慎重に選ぶことが大切です。

遺骨を引き取らない|ゼロ葬(0葬)

ゼロ葬とは、火葬後に遺骨を持ち帰らない葬儀のやり方です。
この形式を選ぶ際は、遺族同士や関係者との間で、しっかりと話し合いが必要になります。
なぜなら、遺骨を持ち帰らないことには、その後の供養が行えないからです。

ゼロ葬を実施できるかどうかは、自治体や火葬場によって異なります。
自治体ごとに定められた火葬場の条例に基づいて、遺骨の処理方法が決められています。
一部の地域では、遺骨の全てを持ち帰ることが求められますが、他の地域では火葬場での処理が認められていることもあります。

西日本では、ゼロ葬を行う火葬場が比較的多い傾向にあります。
ただし、これは全ての地域で当てはまるわけではありません。
したがって、ゼロ葬を希望する場合は、事前に地元の規則を確認することが大切です。

供養方法を決める際には、関係者との十分な協議が欠かせません。

より永続的なシンボル|モニュメント葬

モニュメント葬は、樹木の代わりに石碑を用いた墓です。
石でできたモニュメントは、季節や手入れの心配が不要で、より永続的な墓として利用されます。

もし「樹木葬は管理や季節によって景観が変わりやすい」という理由で悩んでいる方がいらっしゃれば、モニュメント葬を検討してみてはいかがでしょうか。

まずは樹木葬との違いや、具体的なモニュメント葬のイメージをご覧になってみてください。

お墓がいらない人は墓じまいを進めよう

現在のお墓の維持費や定期的なお墓参りを担っているのは誰なのか、親族間での共有と議論が欠かせません。
その上で、墓じまいの可否を決定することが重要です。

墓じまいを選択することで、跡継ぎの問題や経済的な負担から解放されるメリットがあります。
しかし、墓じまいを行うことで失われるものも考慮する必要があります。

自身や家族にとって最善の選択をするために、墓持ち続けるメリットとデメリットを熟考しましょう。

そもそも墓じまいとは何を指すのか

墓じまいとは、お墓を撤去することを指します。
具体的には、不要となった墓石を解体し、墓地を管理者に返還し、遺骨を他の場所に移す作業を指します。

墓じまいには大まかに3つのステップがあります。

  1. 墓石の解体撤去:墓石の解体は石材店に依頼します。整地まで丁寧に行ってくれます。また、解体前には寺院に依頼して性根抜きをすることが必要です。
  2. 墓地の返還:墓地は利用者のものではなく、管理者のものです。墓地の使用権を持つ者が不要となった場合は、返還しなければなりません。転売や譲渡は絶対にしてはいけません。
  3. 遺骨を他の場所に移す:お墓に埋蔵されている遺骨を取り出し、他の場所に移します。そのためには、解体前に遺骨を受け入れる場所を決め、会葬の手続きを行う必要があります。

さらに墓じまいについて詳しく知りたい方は「墓じまいで後悔しないためには?進め方、費用、トラブル対策を詳しく解説!」をご一読ください。

墓じまいの流れと費用目安

墓じまいの手順は次の通りです。

  1. 改葬先を決める
  2. 関係各所から必要書類を取得する
  3. お墓からご遺骨を取り出す
  4. 専門の業者に墓石を解体・撤去してもらう
  5. ご遺骨を改葬または散骨する

墓じまいに際しては、現在の管理団体や地域の自治体、新しい受け入れ先から必要書類を取得する必要があります。
そして、ご遺骨は適切な方法で改葬や散骨されます。

墓じまいにかかる費用は、一般的には10万円から30万円程度です。
ただし、墓石の解体・撤去費用の他に、お布施や離檀料などお寺に支払う費用も発生する場合があります。
また、ご遺骨の改葬先によっては100万円程度の費用がかかることもありますので、事前に十分な資金計画が必要です。

墓じまいにかかる費用について、さらに詳しく知りたい方は「墓じまい費用ガイド!平均相場から安くする方法、トラブル事例まで解説」で解説しています。

墓じまいにありがちなトラブル

墓じまいに関連するトラブルはいくつかありますが、以下に主なものを挙げてみましょう。

離檀料を巡るトラブル

離檀料は、墓を管理してくれたお寺に対する感謝の意味を込めて支払う料金です。
しかし、高額な請求や不当な要求があった場合にトラブルが発生します。
話し合いが難しい場合は、弁護士や専門家のアドバイスを受けることが必要です。

墓石解体料を巡るトラブル

墓じまいにおいて、墓石の解体料が予想以上に高額になる場合があります。
また、重機が使用できない場合や通行制限のある場所などで料金が上乗せされることもあります。
見積もりを取る際には、十分な情報収集が必要です。

親族とのトラブル

墓じまいをめぐって親族間での意見の相違が生じることがあります
墓の管理者や費用負担の問題などで対立が起きることもあります。
事前に十分な話し合いを行い、意見を尊重することが大切です。

移転先とのトラブル

墓じまい後の遺骨の移転先や供養方法に関してもトラブルが発生することがあります。
移転先の地域のルールや住民の意向を確認し、トラブルを避けるよう努めることが必要です。

これらのトラブルを避けるためには、事前の情報収集や親族との円滑なコミュニケーションが重要です。
また、トラブルが生じた場合には冷静に対処し、必要な専門家の助言を仰ぐようにしましょう。

山岡石材では、ご相談から納骨まで一貫して対応いたします。
また、手続きに関するご相談や現地確認、見積もり、県外からのご相談にも応じています。
墓じまいに必要なすべてのサポートを提供しますので、安心してお任せください。

これからのお墓のあり方を考えよう

墓じまいを検討する際は、お墓の必要性や持つメリット、不要とするリスクを総合的に考えることが重要です。

お墓が不要と感じる場合でも、遺骨の供養方法やその後の手続きについてしっかりと計画を立てることが大切です。

また、現代の多様な供養方法を理解し、自分や家族にとって最適な選択をするための情報収集を怠らないようにしましょう。
これからのお墓のあり方についても、一度考えてみることをお勧めします。

Contactお問合せ各種

Recruit採用情報