• HOME
  • コラム
  • 墓石に刻む文字は?言葉や漢字・書体のおすすめを紹介

墓石に刻む文字は?言葉や漢字・書体のおすすめを紹介

  • お墓

「墓石に刻む文字を何にしたら良いか分からない」「どんな書体を使えるのか知りたい」と、墓石を購入する際や追加で文字を刻みたいと検討している際に疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

この記事は、以下のような方々におすすめします。

  • 墓石に何を刻むべきか悩んでいる方
  • 文字や言葉の選び方、書体の例を知りたい方
  • 墓石に関する基礎知識や、どのように取り組めば良いのか知りたい方
  • 初めて墓石を設置する予定の方

 

墓石に刻む文字について、言葉や漢字、書体の例に分けて分かりやすく解説しています。石材店に文字入れを依頼する際に、是非参考にしてみてくださいね。

まず墓石にどんな内容を彫る?

文字がない状態の墓石

墓石に彫られている文字で、「〇〇家之墓」や「先祖代々之墓」など、家名や宗派を示すものをよく見かけますよね。

しかし、実際には決まりはなく自由に決められます。

 

以下では、多くの墓石でよく彫られる傾向のある内容をご紹介します。

家名

家名とは、そのお墓が誰の墓なのかを示すもので、そのお墓を建立した家系がひと目で認識しやすくなります。

 

和型のお墓は、竿石の正面に家名を刻むことが多いです。

戒名・俗名・没年月日・享年

戒名・俗名・没年月日・享年は、故人に関する基本的な情報を示すものです。

墓石に刻まれる内容の表

仏文字

仏文字とは、仏教の教えを表す言葉を意味しており、宗派によって決まっています。浄土真宗や浄土宗では「南無阿弥陀仏」「倶会一処」、日蓮宗では「南無妙法蓮華経」など、宗派によって大切にされている文言があります。その宗派を深く信仰する家柄は、代々受け継がれてきた教えにしたがって仏文字を彫るお家も多いです。

家紋

家紋とは、先祖代々受け継がれる家の紋章です。武家社会では身分や役割を表すために使われ、現在でもお墓に刻まれるなどして受け継がれています。家紋は、水をお供えする水鉢の前に彫られることが一般的です。

格言

故人が生前大切にしていた言葉や格言を入れることもあり、その場合は主に洋型の墓石に文字を刻むことが多いようです。

 

このように、墓石に彫る文字には、さまざまな意味や想いが込められています。故人への想いを込めて、じっくりと決めるようにしましょう。

墓石に刻む文字の書体

墓石に刻む代表的な5つの書体

墓石に刻む内容が自由なように、文字の書体も厳密な決まりはありません。以下では一般的に使用されている書体の種類をご紹介します。

楷書体

墓石によく使われる一般的な書体で、きちんとした形で文字が書かれています。はねやとめ、はらい、角などが明瞭に表現され、視認性が高いため墓石を彫る際におすすめです。

行書体

楷書体をやや崩した文字で、続け書きが散見されます。しかし、読みづらさはなく丸みを帯びた柔らかな印象を与えます。

草書体

行書体よりもくずれた文字で省略されています。文字のくずれが強調され、生き生きとした躍動感を感じさせますが、場合によっては読みにくさを感じるかもしれません。

隷書体

一字一字が横長で平たい印象の書体で、非常に読みやすい特徴があります。古くから使われている書体であるため、歴史あるお墓には隷書体が使用されていることもあります。

ゴシック体

パソコン資料や文章で一般的に使用される書体で、遠くからでも読みやすい特徴があります。

墓石に刻む漢字・言葉の一覧例

文字をしたためる様子

従来、墓石は縦長の和型が主流でしたが、核家族化や家族の形や生活様式の変化などから洋型の墓石も増えてきました。刻まれる文字も多種多様で選択肢が広がっています。

 

以下では、墓石に刻む際によく選ばれる漢字や言葉をいくつかご紹介します。

【よく選ばれる一文字の漢字】

自然を連想させる漢字

風 空 雲 虹 光

天 花 海 蕾 宙

明るい雰囲気の漢字

笑 楽 幸 喜 輝

希 翔 愛 円 信

誠 穏 彩 昇 明

絆やご縁を大切にする漢字

心 絆 縁 結 紡

繋 和 伝 偲 想

 

安らぎや希望、感謝、自然の恩恵を連想させるものなど、ポジティブな文字が人気です。のちにお墓参りに訪れる人が穏やかな気持ちになるような文字を選び、想いを込めたいですね。

 

また、「今年の漢字」を彫刻する方もいらっしゃいます。思い入れの強い一年の一字を選ぶことも選択肢の一つです。

 

【おすすめの言葉】

「ありがとう」や「また会いましょう」「会いに来てくれてうれしい」などの言葉を選ぶ方もいらっしゃいます。言葉を彫る場合、和型墓石に比べ洋型墓石に多い傾向があります。

 

故人の立場でもご家族の立場でも共通して言えることですが、大切なのは故人が嬉しいと感じられる言葉を選ぶことです。

墓石は基本的に自由度が高い

「忘れないよいつまでも」と刻まれている墓石

いかがでしたか?墓石に刻む文字は、基本的に好きな言葉を選べます。どのようなお墓にしたいかをご家族でよく話し合った上で、お墓に眠る故人、またお墓に訪れる後世の人たちが穏やかな気持ちになるような文字を選ぶようにしましょう。

 

Contactお問合せ各種

Recruit採用情報