• HOME
  • コラム
  • 永代供養と墓じまいの違いとは?メリットや注意点を解説

永代供養と墓じまいの違いとは?メリットや注意点を解説

  • 供養/埋葬
永代供養によって納骨されている場所

近年、少子高齢化や核家族化などの社会情勢の変化により、お墓のあり方が大きく変化しています。その中で、永代供養や墓じまいの需要が高まっています。

 

永代供養も墓じまいも、お墓の維持や管理が難しい場合に検討される選択肢ですが、それぞれにどのような違いがあるのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、永代供養と墓じまいの違いやメリット、注意点について解説します。

墓じまいと永代供養の違い

故人の遺骨が眠る場所

「永代供養」と「墓じまい」は、まったく意味が異なる言葉ですが、両方ともお墓に関することであるため、同じものとして捉えてしまう人もいるようです。永代供養と墓じまいの違いは以下のとおりです。

墓じまいとは?

墓じまいとは、今所有しているお墓を解体・撤去して墓地の使用権を返還することを意味します。ご遺骨を取り出して土地を更地に戻してしまうため、お墓に入っていたご遺骨の供養方法を墓じまいの前に決めておく必要があります。

 

また、お墓を引越しすることを「改葬」といいます。

 

墓じまいの手順についてもっと知りたい方は、「福井県の墓じまいで後悔しないためには?進め方、費用、トラブル対策を詳しく解説!」をご覧ください。

永代供養とは?

永代供養とは、お墓の管理を寺院や霊園に任せる方法のことをいいます。お寺や霊園にお墓を預けることで、定期的な読経や法要、お墓の清掃などの管理も不要になります。

 

合祀墓や樹木葬などさまざまな種類から選択でき、自分の考えや予算に合わせてご遺骨の供養を自由に決められることから、墓じまいと永代供養をセットで選ぶ方も多いです。

墓じまい後に永代供養を選ぶ4つのメリット

お経を唱えて供養する様子

墓じまいを決めたあと、お墓をどのように供養するか悩む方は多いのではないでしょうか。

 

以下では、墓じまい後に永代供養を選ぶメリットについてご紹介します。

お墓の管理を寺院や霊園に任せられる安心感

一番のメリットは、自分で管理する必要がなくなることです。「お墓が遠方にあって頻繁に行けない」「体が不自由なため難しい」「老後を考えて今のうちにお墓の管理を見直したい」といった方にとって大きなメリットといえるでしょう。

通常のお墓に比べて費用の負担軽減

一般的なお墓の維持費用と比べて、永代供養にかかる費用の方が安価になる傾向があります。年間管理費や維持費などは初期費用として永代供養料に含まれるケースが多いです。

 

しかし、施設先によっては追加で年間管理費が発生する場合もあるため、契約前に確認しておいた方がいいでしょう。

 

お墓の維持費用を抑えたい方には永代供養をおすすめします。

お墓の後継者について心配する必要がなくなる

墓じまいと永代供養を行うことのメリットとして、継承者に悩む必要がなくなることも挙げられます。継承者が複数人いる場合はお墓の管理方法をめぐってトラブルになる可能性がありますし、継承者がいない場合はお墓の所有権をめぐって親族間で争いになる可能性があります。

 

管理を他の人に任せることで、お墓の後継者に関する心配や悩み、無縁仏のリスクから解放されるでしょう。

檀家をやめることで負担解消

お墓を建てる際は、一般的にその寺院の檀家に入る必要があります。しかし、永代供養では檀家になる必要はほとんどありません。そのため、宗派に関係なく誰でも永代供養を利用できます。

 

ただし、契約自体は宗派を問わずに締結できますが、供養や法要は宗派が指定されているケースもあるため事前に確認しておきましょう。

墓じまいをして永代供養にする際の注意点

お墓の前で手を合わせご先祖様を供養する様子

墓じまいをして永代供養にする際のデメリットとして、以下の可能性が挙げられます。

遺骨を一度合葬すると取り出せなくなる

永代供養墓は、契約時に定めた一定の期間が経過すると合祀(他の遺骨と一緒に埋葬される)されてしまう場合があります。そのため、後から分骨したり、手元供養したりしたい場合でも、ご遺骨を取り出せない可能性があります。

 

合祀されることに抵抗がある方は、契約期間や永代供養を取りやめたい場合の対応なども確認してから契約するように注意してくださいね。

供養している実感が得にくくなる可能性がある

お墓があると、故人を思って手を合わせる機会が増えます。しかし、お墓がなくなり永代供養にすることで、そういった機会が減り故人を思い出すことが減ってしまうかもしれません。

 

お墓の管理や供養の心配はなくなりますが、それでもお彼岸やお盆などの機会に、故人を偲び、供養の気持ちを忘れないようにしたいですね。

 

お墓参りの時期について知りたい方は、「【2024年最新】お彼岸のお墓参り、いつ行けばいい?時期やマナーは?」をご覧ください。

家族や親族からの理解を得にくい場合がある

ご家族やご親族の中には、墓じまいをして永代供養することを「ご先祖さまに対して失礼だ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

墓じまい後に永代供養を選ぶ理由や、供養方法などを反対の意見も尊重しながら十分に話し合い、全員が納得してから進めることが重要です。

墓じまいについて困ったら、一人で悩まず相談を

墓地にお墓が建立されている風景

墓じまいは、さまざまな手続きや費用がかかり、トラブルの原因にもなりかねない複雑な手続きです。そのため、一人で悩まず親族やお寺の住職に相談することが大切です。

 

また、墓じまいの手続きや費用について調べる際は、複数の石材店へ見積もり請求することをおすすめします。

 

石材店ごとに金額などを比較して、最も自分に合った条件で決めるようにしましょう。

お墓を撤去する石材店をお探しの際は、お気軽にご相談ください。

 

 

Contactお問合せ各種

Recruit採用情報